カードローンの融資限度額や金利を徹底比較

高融資額おすすめカードロ-ン

 

プロミス プロミスおすすめポイント

 

カードローンにはいろいろありますが、初心者でも利用しやすいと評判なのが「プロミス」です。プロミスでは、初めてカードローンを申し込む場合、30日間利息が無料になるというサービスが受けられるのです。これなら、利息を支払うのに抵抗があるという人でも比較的気軽に利用出来ると言えるでしょう。
また、プロミスでは申し込んだその日のうちに借り入れをすることが出来るので、すぐにでもお金が必要という場合にとても役に立ちます。サービスの充実から高い人気を誇るカードローンです。

 

→プロミスの即日カードローン

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日カードローンは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息カードローンはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

 

詳細へ

アコムアコムのおすすめポイント

 

アコムは、大変便利なカードローンです。アコムなら、申し込むために来店しなくても済みます。電話やパソコン、ケータイ、スマホがあれば申し込めます。特に、急いでいる方は、電話での申し込みが早いです。電話だと新規振込サービスが利用でき、即日振り込みもできるのです。また、アコムは24時間いつでも借り入れができます。ネットや電話から振込カードローンをした場合、当日中に振り込んでもらえます。特に楽天銀行の利用が便利で、最短1分で振込みが可能です。そのほかにも、提携金融機関やコンビニ、ショッピングセンターのATMから利用することもできます。返済も簡単で、ネットから24時間365日いつでも返済できるので、とても便利です。

 

ネットから申込む

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.7%〜18.0% 500万円

 

詳細へ

モビットのおすすめポイント

 

急な出費が必要になった時、カードローンはとても頼りになります。その中でもサービスの充実から人気が高まっているのがカードは「モビット」。大手カードローン会社の中ではトップクラスの低実質年率で、インパクトのあるTVCMなどで有名です。信頼も十分でなんといっても、WEBからの申し込みなら、審査時間がスピーディ!受け取りはコンビニや銀行ATMから可能で誰にも知られずに借入することができます。手順もすごく簡単。WEBからの申し込みがモビットに受理されると、モビットから申し込み確認電話が入ります。身分証明書などの提出書類を送られてきたメールに添付し返信すればOK!。無事に審査が通れば、指定の口座へ振り込んでくれます。フリーター・ アルバイト・パート・派遣社員・自営の方でも借入が可能(安定した収入がある方)なのがうれしいですね。詳細はWEBで確認してください。

 

モビットのWEB完結

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日カードローン:14:50までの振込手続完了が必要です。

 

詳細へ

利用条件別カードローン比較

高額融資ランキング

大きな借入れの際におすすめのカードローン会社

審査時間ランキング

スピーディーな対応でお急ぎの方におすすめのカードローン会社

低金利ランキング

支払いの利息をできるだけ少なくカードローンを利用したい方に

無利息ランキング

人気の無利息カードローンサービスを利用しよう!

レディースCランキング

女性に優しいカードローンサービスはこちら

おまとめローンランキング

複数の借入をまとめて効率よく返済するなら

融資限度額って何?

カードローン融資限度額比較ランキング

融資限度額というのは、金融会社側が会員にたいして利用を認めている金額の上限のことです。一般的に新規の方、若年層の方の上限は低く設定されています。この融資限度額は利用状況によって増額や下減額されるということがあります。信販会社などのカードにはショッピング機能の付属としてカードローンの機能がついています。融資限度額が30万円、その内カードローンが20万円という場合、トータルの融資限度額は30万円ですがカードローンの融資限度額は20万円ということになります。
もしカードローンを限度額いっぱいの20万円利用したなら、ショッピングで使うことができるのは10万円ということです。金融会社によって限度額の設定も違い、ショッピング・カードローンともに限度額が30万円という場合もあります。こちらはカードローンで限度額いっぱいの30万円を利用した時点でショッピングには利用することができなくなってしまいます。

 

限度額が同じ場合には自分の利用状況を把握しておくようにしましょう。時々ショッピングとカードローンの両方を限度額いっぱい利用できると勘違いしてしまう人がいますが、融資限度額30万円となっていたら両方合わせて30万円ということですので注意してください。

 

計画的に利用しましょう

消費者金融などのカードローンカードにもショッピング機能がついていることがあります。ですがほとんどの場合はカードローンのみで利用可能なカードですので、限度額いっぱいをカードローンで使うことができます。カードローンでもショッピングでも限度額いっぱいの利用は返済が困難になる場合があるので、余裕を持って計画的に利用するようにしましょう。

初めての人は必見です!カードローンの申込から返済に至るまでの流れを確認

カードローン利用ガイド

 

皆さんはカードローンを利用したことがありますか?CMでも多くの銀行、消費者金融がカードローンについて宣伝していると思いますが、実際に利用したことがある人はどのくらいいるでしょうか?カードローンは金融機関からの個人向け融資です。住宅ローンや自動車ローンなどとは違い、使途自由のフリーローンです。生活費に使っても、自分の趣味に費やしても、OKなのです。さらに決定的に違うのは担保も保証人も必要としないことです。そのためカードローンは誰でも気軽に利用することができる、非常に利便性の高い個人向け融資なんです。カードローンの利用者は一昔前に比べると大きく増加したと言われています。その背景には様々な法改正などがあったのですが、そういったことがより多くの支持を集めたということは利用者の増加にも表れています。しかしそれでも、きっと利用したことのない人の方が圧倒的に多いはずです。また、いくら利便性が高いとは言え金融機関からお金を借りるのだから手続きが面倒そうと考えている人もいると思います。そこで今回はカードローンの利用方法、申込から借入、返済に至るまでの流れを紹介していきたいと思います。

 

利用する金融機関を決める

 

まず何よりも先にカードローンを利用する金融機関を決めることから始めましょう。大まかな選択肢としては銀行と消費者金融ということになりますが、もちろんその中からも各会社へと選択肢は拡がっていきます。知らない人のためにも言っておきますが、銀行と消費者金融のカードローンを同じものと考えてはいけません。どちらも個人向け融資であり、フリーローンということに関しては全く同じですが、その内容に大きな違いがあります。よく挙げられるのは金利の違いです。カードローンには必ず金利がかかります。借入残高に応じて1日ごとに利息を生み出し、借入金とともに返済時に支払われることによってお金を貸し出した金融機関に利益が生まれるのです。金利がかかるのは仕方ありません。どの金融機関を利用しても絶対にかかってくるものです。しかし、元々お金がないからこそカードローンを利用しているのですから余計な出費は作りたくないですよね?そのために必要なのができるだけ金利の低い金融機関を利用することなのですが、実は金利の低さは銀行の方が圧倒なんです。低金利を求めるのならどこよりも銀行がおすすめです。2つ目の違いは借入までにかかる時間です。借入までにかかる時間、つまり審査時間にも大きな違いがあるんです。できるだけ早く借り入れたいというのが利用者の本音だと思いますが、金利とは違い審査時間の早さで言えば消費者金融のほうが圧倒なんです。銀行は審査に数日間をかけると言われていますが、消費者金融はおよそ1時間?1時間半、最短30分が審査にかける時間です。時間帯によっては申し込んだその日中に借入まで行える訳です。他にも限度額や提供しているサービスなどにも幾つかの違いがありますが、いずれにしろ自分のニーズに合った方を選ぶようにしましょう。

 

→初めての方におすすめ無利息キャッシングサービスのプロミス

 

カードローンに申し込む

カードローンの申込

 

利用する金融機関を決めたらいよいよカードローンに申し込みましょう。店頭窓口に直接来店するのはもちろんのこと、電話やネットからでも行えます。氏名や生年月日、職業や収入といった記入項目を埋め、申し込みましょう。当然のことですが、虚偽申告は必ずバレてしまうので絶対にしないでください。また、本人確認書や収入証明書を提出するのもこのタイミングです。直接来店するという方は必要な書類を持参して、ネットからという方はスキャナーでパソコンに取り込んだり、カメラやスマホで撮影したものを提出してください。郵送することもできますし、自動契約機のスキャナーで提出することもできます。本人確認書としては顔写真の付いた運転免許証が最も有効的ですが、健康保険証や住民基本台帳カード、パスポートでも可能です。ただ、併せて住民票の提出を求められることもあるので注意してください。収入証明書は50万円以上の借入ではない限り必要ありません。因みに、有効なものは以下の通りです。

 

  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書

 

審査開始?在籍確認

 

申込が完了すると審査が始まります。先程も言いましたが、銀行は数日間、消費者金融は最短30分で終了します。(最近では即日審査対応の銀行カードローンも増えてきました。)ただ、審査の中には在籍確認も含まれていることを忘れないでください。在籍確認とは、申告した勤務先に本当に籍が置かれているのか金融機関が勤務先に電話を入れ確認するものです。在籍確認は審査の最終段階でもあるので、取れれば通過できますが、取れなければ落ちてしまいます。勤務先がたまたま営業時間外で電話に出られなかったという場合でも審査に落ちることはあるので十分に気を付けてください。ただ、在籍確認と言っても氏名や住所などを述べるだけの簡単なものです。それに、万が一電話が来た時に席を外していても電話を取った人の受け答えから在籍確認が取れればそれでOKですのでらそこまで気を張ることもありません。

 

→電話確認をカットできるモビットのWEB完結

 

契約?借入、返済

 

審査に通過したら契約を済ませましょう。店頭窓口や自動契約機、郵送でも行なえます。契約書の内容をしっかりと確認してからサインしましょう。契約後はいよいよ借入です。口座振込による借入を希望した方は振り込まれ次第口座から引き出しましょう。ATMによる借入を希望した方はまずローンカードを発行してください。こちらも店頭窓口や自動契約機、郵送から発行できます。店頭窓口や自動契約機で発行した方は併設されたATMで直ぐに借り入れることができます。利用できるATMは自社のものはもちろん、提携の銀行のものや最近ではコンビニのものも利用できます。因みに、返済もATMで行なえます。もちろん口座振込による返済もできるので、自分に合った方法を選びましょう。

 

カードローンを上手に利用するために返済日は必ず守りましょう!

今回は申込から返済に至るまでのカードローンの流れについて見てきましたが、一通りの流れは掴めましたか?決して難しいことではないと思うので、突然の出費など困った時には是非ともカードローンを有効活用してみてください。最後に、返済日は必ず守るようにと言っておきます。当然のことではありますが、返済の遅延は厳禁です。信用を落とすことにもなりますし、遅延損害金という罰金を支払うことにもなります。もしも遅延しそうだなと感じたら直ぐにコールセンターに電話してそのことを伝えましょう。場合によっては返済日を延長してくれることもあるので、くれぐれも無断で遅延することだけは避けてください。

 

↓カードローン選びに迷ったら↓

高融資額おすすめカードロ-ン