カードローンの審査に通過できなくなる借入件数のラインとは?

カードローンの審査に通過できなくなる借入件数のラインとは?

カードローンの審査に通過できなくなる借入件数のラインとは?

 

カードローンの審査では職業や年収、勤続年数などが重視しされますが、これらと同じく審査結果を左右するのがその時点での借入件数です。職業や年収などに気を取られあまり意識していないという方もいると思いますが、決して見落としてはいけないポイントです。今回はこの借入件数と審査の関係について見ていきたいと思います。

 

多重債務者は審査に不利

 

結論から言ってしまうと、幾つもの金融機関から借入を行っている多重債務者は審査に不利になります。言い切ってしまうと、通過することは不可能でしょう。なぜなら、すでに幾つもの借金を持っている人がさらに借金作ろうとすることに対して金融機関は返済の信頼を置けないからです。皆さんはどうですか?借金を持っている友人がその借金を返済できる見込みもない中、さらなる借金を自分に求めてきたら快く貸してあげることができますか?おそらく、例えどんなに少ない金額であろうとも貸すことはできないはずです。金融機関もお金を配っている訳ではありません。利息がなければ利益の生まれないカードローンにおいて貸し倒れ(返済されないこと)は、損害を生むことになるのです。はなから返ってくる可能性が低いと分かっていながら借入を許可する金融機関はいません。持っている借金の数が多ければ多いほど、その金額が増えれば増えるほど、審査に通過できる可能性は低くなっているものと考えてください。

 

通過できる最低借入件数

 

カードローンの審査に通過できる最低借入件数は2件と言われており、3件以上になると通過は非常に困難なものになっていきます。しかし知名度の低い中小消費者金融などでは4件、5件の借入があっても審査に通過できる可能性があります。いずれにしろ、すでに借入がある人は申込を行う前に可能な限り減らしておいたほうが良いでしょう。減らす方法は色々ありますが、中でもおまとめローンがおすすめです。おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめるものです。簡単に言うと、すでに借り入れている総額と同額の借入をまた別の金融機関から行い、そこから返済をしていくというもので、借金を減らすことはできなませんが、借入件数を複数あるものから1つにすることができます。

 

仮診断を活用する・まとめ

今回は借入件数と審査の関係について見てきました。借入が多ければ多いほど審査結果を不利にしてしまうことは分かっていただけましたか?大手では最低でも2件までには抑えないといけないと言いましたが、実際は借入がない状態が好ましいです。年収や職業によっては例え借入件数が1件であっても審査に通過できないこともあります。心配の方は仮診断を活用してみると良いでしょう。一部消費者金融の仮診断には借入件数の入力項目もあるためより本審査に近い仮診断を受けられると思います。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ