カードローンに必要な書類について事前に確認しておこう!

カードローンに必要な書類について事前に確認しておこう!

カードローンに必要な書類について事前に確認しておこう!

 

カードローンを利用するには幾つかの書類を提出しなければなりません。皆さんはしっかりと把握していますか?そして何が有効な書類なのか分かっていますか?今回は提出する書類について見ていきます。

 

本人確認書として有効なもの

 

カードローンの利用ではどこの金融機関でも必ず本人確認書の提出が求められます。本人確認書として有効なものは以下の通りです。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

 

最も信頼度が高いのは運転免許証です。その理由は、顔写真が付いているからです。もちろん同じく顔写真の付いたパスポートや住民基本台帳カードでも構いませんが、普段から頻繁に使う運転免許証を提出できれば間違いありません。いずれにしろ顔写真が付いているものの方が信頼度が高いと考えてください。因みに、本人確認書に記載されている住所が現在の住所と異なる場合、氏名と現在の住所が記載されている以下の書類を併せて提出する必要があります。

 

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 公共料金の領収書

 

また、外国籍の方は「在留カード」か「特別永住者証明書」の提出が必要です。自分には何が必要なのか事前に確認しておきましょう。

 

収入証明書として有効なもの

 

消費者金融では50万円以上、銀行では100万円以上の借入にならなければ収入証明書は不要なところがほとんどです。しかし自営業者やフリーランスの方は借入金額に関わらず収入証明書の提出が求められるので注意してください。収入証明書として有効なものは以下の通りです。

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書

 

最も効力があるのは納税証明書です。国が発行するものなので偽装することができず、信頼度が高いと言われています。納税証明書は国税庁への交付請求手続で取得することができます。収入証明書はできるだけ直帰のものを数ヶ月分まとめて提出してください。

 

書類の提出方法

 

書類の提出方法は実に様々です。カメラやスキャナでパソコンに取り込みアプロードやメールに添付して提出することもできれば、ケータイやスマホのカメラで撮影したものを同じような方法で提出することもできます。もちろん店頭で直接提出することもできますし、書類のコピーを郵送することもできます。無人契約機での利用でも無人契約機にスキャナが取り付けてあるのでそこから提出できます。

 

事前に準備しておく!・まとめ

今回はカードローンに必要な各書類について見てきましたが、ほとんどの方が本人確認書のみの提出になると思います。しかし提出の直前になって準備するのではなく申込の段階で準備しておくように心がけましょう。特に収入証明書の提出が必要な方は準備に手間を取ると思うので、できるだけ早い段階で準備しておくことをおすすめします。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ