カードローン利用者と保証会社との関係とは?

カードr-ん契約の際の保証会社って何のため?

カードローンの規約などで見かける保証会社とはどのような存在なのでしょうか?-カードローン融資限度額比較ランキング

 

「安定して収入を得られていること」や「20歳以上であること」などのカードローンの審査条件の中にこのような記述を見かけたことはありませんか?「保証会社の保証が受けられること」保証会社とは何でしょうか?きっと知っている方はあまり多くないはずです。今回はこの保証会社について見ていきましょう。

 

保証会社とは?

 

保証会社とは代位弁済を行うところです。代位弁済とは債務者の返済が滞った時などに債務者の代わりに一旦返済を行うことを言います。これを行うのが保証会社です。つまり簡単に言うと、担保や保証人を必要としないカードローンにおいての債務者の保証人となる存在と考えてください。しかしこれは債務者の返済義務が免除された訳ではありません。債権者が代位弁済を行った保証会社に移るということであって、その後も返済は続きます。保証会社という存在は債権者となる金融機関が損害を被らないためにある存在なのです。

 

保証会社にあたる会社

 

保証会社と言っても保証会社という会社が存在する訳ではないため保証会社としている会社は金融機関によって異なることになります。最も多いのは債権回収会社でしょう。債権回収会社とはその名の通り債権の回収を専門の業務として行っており、分かりやすく言うと取り立ての専門業者です。金融機関は回収できない債権があると損害を被らないために債権回収会社に債権を売ってしまいます。この債権回収会社が債権を買うという行為が代位弁済になる訳です。しかしメガバンクと呼ばれる大手銀行の保証会社はほとんどが消費者金融であることが多いです。理由は、CMなどで見かけるほとんどの大手消費者金融はメガバンクの傘下に入っているからなのです。

 

消費者金融を利用すれば良いのでは?

 

「債権者が消費者金融に移るのならそもそも消費者金融を利用すれば良いのでは?」もしかしたらそんなふうに思う人もいるかもしれません。銀行と消費者金融を比較した時、最も挙げられる違いは審査基準の厳しさです。銀行の審査基準が厳しいことはよく言われており、消費者金融の方が通過しやすいなどの声もよく聞かれることです。それなら消費者金融の方が良いようにも思えますが、銀行にはカードローンに最適と言われる幾つかの特徴があるのです。1つ目は金利の低さです。銀行の金利は消費者金融などと比べると圧倒的に低いことで有名です。例え同じ金額の借入でも銀行でするのと消費者金融でするのとでは結果的に支払うことになる総額は大きく変わってくるのです。そして当然、金利の低い、つまりは発生する利息の少ない銀行での借入の方が支払う総額を抑えることができるのです。2つ目のメリットは限度額の高さです。これに関しても銀行の方が圧倒的に高いです。より高額な借入ができるのは銀行ということです。3つ目のメリットは総量規制がかからないということです。総量規制とは貸金業法に定められた法律で、債務者の年収1/3以上の借入を規制するもので、貸金業法に則って運営を行っている消費者金融での借入にはこの総量規制がかかってしまいます。総量規制は自転車操業などの多重債務抑制のために設けられました。1社辺りの借入を1/3に規制しているのではなく借金の総額が1/3以上になることを規制しているため多重債務を抑制できるは確かなのです。しかし、高額な借入ができなくなるのもまた事実です。そのため消費者金融では年収が少ない人ほど高額な借入をすることができないのです。しかし銀行にはこれがかかりません。なぜかと言うと、銀行は貸金業法ではなく銀行法に則って運営を行っているからなのです。以上が銀行がカードローンに最適と言われる理由です。

 

滞納には注意を!まとめ

今回は保証会社について見てきましたがいかがだったでしょうか?少しは分かっていただけたとは思いますが、正直そこまで気にすることでもありません。債務者に保証会社が関わってくるのは長期の滞納をしたときに限ります。つまり遅延などしなければ一切関わることもないのです。そのため遅延には十分注意しましょう。もし遅延してしまっても直ぐに返済を行えば問題ありません。コールセンターなどに電話を入れて断りを入れておくのも良いでしょう。問題は1、2ヶ月を超える遅延です。ここまで遅延が続くといよいよ取り立てが始まります。最初はハガキや電話などによるものですが、次第に自宅訪問や厳しめの取り立てに変わり、およそ半年以上遅延が続くと私財の差し押さえが行われます。それに遅延すると遅延損害金という罰金も発生してしまうため得することなどもちろん1つもありません。遅延だけには十分注意を払ってください。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ