通過するためには絶対にNGの行動があります

カードローンの審査に落ちてしまわないために

審査に落ちてしまう原因

 

利便性も高く担保や保証人も必要としないことで多くの利用者から支持を集めているカードローンですが、利用するためには審査に通過しなければならないことをご存知ですか?そこで今回は審査に落ちてしまわないためのポイントについて見ていきたいと思います。

 

カードローンの審査通過のポイント

まず、カードローンの審査に通過したければ絶対にやってはいけない事があります。それは申込を繰り返すことです。カードローンの審査には絶対に通過するという保証はありません。どんなに好条件が揃っている人でも何らかの理由によって通過できないこともあれば、審査に落ちても別の金融機関では通過できた、なんてこともあるのです。カードローンを扱う全ての金融機関がまったく同じ審査基準を設けている訳ではないため、「この金融機関なら、この条件なら絶対!」などという事がないのがカードローンの審査なのです。そのため中にはこのようなことをする人がいます。1度に複数の金融機関のカードローンに申し込んだり、審査に落ちては申し込みまた落ちては申し込みを繰り返したりしてしまうのです。確かに、どれか1社に絞るよりは確実性のある方法かもしれませんが、実はこの行為がアウトなのです。なぜかと言うと、カードローンの申込は信用情報に記録されてしまうからなのです。信用情報とは個人情報の一種で、年収や職業、住居形態などの情報が記録されており、カードローンの審査の際に金融機関が重視する情報の1つです。どの金融機関でも審査の際には信用情報を管理する信用情報機関に照会を行います。それによって金融機関は利用者の信用情報を隅から隅まで把握することができるのです。そしてその信用情報の中に記録されている情報の1つに過去の申込記録というものがあるのです。申込記録からはいつ、どこの金融機関に申し込んだかまで詳細に把握することができます。申し込めば申し込むほど、この申込記録は信用情報の中で増えていくことになります。しかし、なぜ申込記録が増えていくのがダメなのか分かりますか?では、金融機関の立場になって考えてみてください。短期間の内に複数の申込記録がある人、つまりカードローンの申込を次から次に行なう人に対してどのような印象を抱きますか?「ここまで申込を繰り返しているということは、きっとよっぽどお金に困っているのだろう」こんなふうには思わないでしょうか?そして、お金に困っていると思われる人にやすやすとお金を貸すことがでますか?いいえ、できないですよね?なぜなら、お金に困っているということはお金が返ってくる可能性も低いということだからです。カードローンもビジネスです。返済時に支払われる利息によって利益を生み出している訳ですから、返済されなければ損害を被ります。そして審査というのは、このようなリスクを避けるために設けられたものです。返済能力が無いと判断された人が審査に通過することはありません。つまり申込記録が複数ある人は返済能力が無い人と判断されるのです。これが申込を繰り返す行為がアウトの理由です。因みに、申込記録が複数ある人のことを「申込ブラック」と呼びます。これは一種のブラックリスト入りの状態です。申込記録は約半年間残り続けます。明確な基準はありませんが、申込記録が3件以上あると申込ブラックと判断されると言われています。

 

審査通過が困難な人の特徴

申込ブラックのように、審査に通過できないのには何らかの理由がある場合がほとんどです。ここからは審査通過が困難な人の特徴について見ていきましょう。

 

トラブル記録がある人

 

債務整理を行ったり、返済を遅延してしまったりすると、その事が信用情報に記録されてしまいます。所謂トラブル記録と呼ばれるものです。トラブル記録があると審査に通過することができなくなります。期間としてはトラブル記録が抹消されるまでの間となりますが、最低でも5年間は残り続けものと考えてください。また、信用情報はカードローンの審査にのみ関わってくるものではないため、トラブル記録があるとき住宅ローンや自動車ローンなどの専門ローンやクレジットカード作成の審査などにも影響を与えることになります。既に契約をしている場合にもトラブル記録が付いたことによって利用停止となることもあるので注意が必要です。因みに、遅延の場合は2ヶ月を超えたものでない限りそれ程審査に影響を与えることはありません。直ぐに返済を行えばトラブル記録すら付かないこともあります。ただ、2ヶ月を超えると「異動」というブラックリスト入りの状態を示す記録が付いてしまうので気をつけましょう。それと、債務整理でも個人再生や自己破産になると、最長で10年間抹消されないこともあるので覚えおいてください。

 

勤続年数が短過ぎる人

 

勤続年数はその人が安定して収入を得られているかどうかを判断するため最適な情報です。そのため、勤続年数が短過ぎる人は収入が安定していないと判断されて審査に落ちてしまうことがあります。最低でも半年?1年以上は必要と言われていますが、借入希望額が多ければ多いほどより長い勤続年数を求められることになります。もしも近々転職などを考えている方はカードローンを利用してからにしたほうが良いでしょう。

 

安定した職業ではない人

 

カードローンは安定して収入を得られていればその職業を問いません。パートやアルバイト、派遣職などの所謂非正規雇用であっても審査に通過する可能性は十分にあります。しかしそんな中、明らかに不利となる職業があります。それは安定していない職業です。具体的に挙げると、自営業やフリーランス、水商売などの職業のことを言います。これらの職業は大金を稼ぐ可能性を秘めてはいますが、いつ仕事がなくなってもおかしくありません。そもそも成功するという保証すらありませんし、成功する人というのは限りなく少ないです。場合によって審査すら始まらず落ちてしまうこともあるのです。これらの職業に就いている人が審査に通過するには勤続年数が鍵となります。安定して収入を得られている状態が長期間持続していれば審査に通過することもあります。

 

異なる審査基準

 

審査基準は金融機関によって異なるため、審査通過には利用する金融機関選びも重要になってくる訳です。例えば、銀行は低金利や高額限度額が特徴ですが、審査基準は消費者金融などと比べると比較的厳しめだと言われており、非正規雇用の方にはあまりおすすめできません。決して消費者金融の審査基準が甘い訳ではないのですが、審査に通過しやすい金融機関としてはよく挙げられます。ただ、銀行と比べると金利はかなり高くなるため、例え同じ金額の借入でも支払うことになる利息は消費者金融のほうが多くなるでしょう。

 

仮診断を活用してみよう・まとめ

今回は審査に落ちないためのポイントについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?上記したことが必ずしも審査落ちの原因となる訳ではありませんが、安定して収入を得られているのであれば上記したどれかが原因であることが多いでしょう。当てはまるものがないか事前に確認しておくことをおすすめします。しかしそれでも心配だという方には仮診断の活用をおすすめします。仮診断では年収や生年月日などを入力するだけで仮ではありますがその場で審査結果を受け取ることができます。もちろん仮の結果ですので本審査の結果を保証するものではありませんが、仮診断で通過できないと判断された場合には本審査でも通過することはありません。その場合にはひとまずカードローンの利用を諦めた方が賢明です。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ