ポイントと審査結果の関係とは?

カードローンの審査が早いのは、あるものをポイント化しているから!?ポイントとは一体?

カードローンの審査が早いのは、あるものをポイント化しているから!?ポイントとは一体?-カードローン融資限度額比較ランキング

 

一昔前までカードローンは実際にお金を借り入れるまでに最低でも1週間は待たなければなりませんでした。しかし今では申し込んだその日にでも借り入れることができ、審査は最短で30分しかかからない時代になってきたのです。なぜ、こんなにも早くできるのでしょう?そしてそもそも審査では何を基準に結果を出しているのでしょうか?

 

審査が早い理由

 

ここまで審査が早くなったのには1つの理由があります。それは「スコアリングシステム」という審査方式を導入したからなのです。これにより利用者の情報(年収や職業など)をコンピューターでポイント化、合計ポイントが合格ポイントを超えていると審査に通過することができるというもので、人の手で行うよりも遥かに時間を短縮することができるのです。

 

重視されるポイント

 

金融機関では何を基準にして審査を行っているのか公表していません。しかし申込書に記入する項目から、おおまかなことは推測することができます。審査で重要視されるポイントについて見ていきましょう。

 

職業が最も重要?

 

審査の中で最も重要視されると思われるのが職業です。利用者が何の職業に就いているかによってポイントが変わってくるのです。最もポイントの高い職業はおそらく公務員でしょう。その理由は安定しているからです。公務員にはリストラの心配がありません。実質定年まで仕事を続けることができます。そのため安定して収入が得られていることが予想できます。カードローンの審査ではこの「安定した収入」という点を非常に重視します。そう考えれば公務員のポイントが最も高くなるのも頷けますよね?公務員の次にポイントが高いのは大手企業に勤務している方です。こちらも職を失うリスクが低いことからポイントが高くなっています。この次に中小企業勤務やアルバイトやパート、派遣職といった非正規雇用が続く訳ですが、では反対に最もポイントが低い職業が何か分かりますか?それは自営業やフリーランスの職業に就いている方です。理由は簡単です。これらの職業は安定していないからです。これらの職業が収入を得るには成功しなくてはなりません。成功すれば公務員や大手企業勤務の方よりも遥かに高い収入を得ることができるでしょう。しかし成功する保証はどこにもありません。成功しない人の方が遥かに多いですし、もしも成功したとしてもその成功がいつまで続くかも分かりません。そのため例え収入が多くてもこれらの職業の方は審査に落ちてしまう可能性が大いにあります。通過するためには安定して収入を得られている状態を長く持続させましょう。長期間安定して収入を得られていれば審査に通過することも考えられます。

 

安定かどうかを判断するのは勤続年数?

 

安定して収入を得られているか、これはとても重要なポイントなのですが、この「安定」が何によって判断されているか分かりますか?それは勤続年数なのです。勤続年数が長ければ長いほど安定していると判断されるものと考えてもらって結構です。なぜ勤続年数が安定に繋がるのかと言うと、勤続年数が長い人はその後もその会社で働き続けると、よほどのことがない限り職は失わないと、そう予想できるからなのです。簡単に考えると、アルバイトを数週間たらずでやめる人と何年間も続けている人のどちらを信用しますか?ということです。もちろん後者ですよね?そのため、勤続年数というものが安定して収入を得られているかの判断に繋がるのです。因みに、安定していると判断されるためには最低でも半年?1年以上は必要だとも言われています。アルバイトやパート、派遣職などの方は雇用状態があまり安定したものではないので特に気にかけたほうが良いでしょう。

 

収入の多さは重要?

 

「収入が少ないから審査に通過できないのではないか?」そんな風に考える人が多くいますが、実は収入の多さはそこまで重要ではないのです。もちろん少な過ぎるのもよくありませんが、先ほども言った通りカードローンの審査で重要となるのは安定して収入を得られているかどうかです。決して収入の多さを求めている訳ではありません。パートやアルバイトなどでも安定していれば通過できるのです。そのことを考えればあまり収入の多さが重要ではないことが分かりますよね?月に10万円も得られていれば十分だと思います。ただ、収入の多さが決めてしまうものもあります。それが限度額です。限度額は収入の多さに相応する金額に決められるため収入が少なければ限度額も少なく、多ければ限度額も多く設定されます。しかし初回の利用では10万?50万円の限度額に設定されることがほとんどですので覚えておきましょう。因みに、限度額は増額することもできます。遅延を1度もせず、定期的に借入を行っていれば認められます。しかしもう1度言いますが、自分の収入に相応しない限度額への増額は認められません。

 

金融機関で審査基準は異なる?まとめ

カードローンの審査について少しは分かっていただけましたか?上記したもの以外にも住居形態や家族構成などもポイントとなりますが、最も審査結果に影響を与えるものと言ったら上記したものになるでしょう。ここまで長々と説明してきましたが、要は安定して収入が得られているかどうかが最も重要だと言うことです。因みに、審査基準は消費者金融と銀行で大きく異なると言われています。重要視されるポイントが異なるということではなく、厳しさの問題です。そして審査基準が厳しいと言われているのが銀行です。そのため、先ほどは月に10万円の収入が得られていれば十分だなどと記述しましたが、利用するところが銀行となるとまた違ってきます。そのため、収入や勤続年数、また雇用状態などにあまり自信がないという方には消費者金融での利用をおすすめします。

→カードローン審査時間ランキング

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ