自己破産など信用情報に関する質問

キャッシングブラックについての質問

いわゆるブラック状態でのキャシングは可能?

金融業でブラックとは、「ブラックリストに名前が載っている人」という意味で使われます。しかし「ブラックリスト」という冊子が現実にあるわけではありません。ブラックリストとは、過去に複数のキャッシング会社を利用していて返済が遅れたり、クレジットカードによるトラブルがあったことが「個人信用情報機関」に事故情報としてデータが残っているという状況のことを言います。個人の信用に関わるような借入歴を持っている為、審査を通るのが難しいという意味にも使われます。当然過去に自己破産歴があり、返済能力がないと見なされればブラックリストに記録され、新たにキャッシングしたくても審査に通りません。世の中慈善事業お金を貸す人はいないと思った方が良いでしょう。

 

しかし、過去に借入れに関してトラブルがあったとしても、新たにお金に困るということはあるものです。「ブラック」「キャッシング」という言葉で検索すると、ブラックな人でもお金を借りる方法や、「ブラックでもOK」という金融業者のサイトを無数に見つけることができます。中には<破産後でもOK><無審査でOK>などと常識的にはありえない文句の広告もあります。どこからも借入ができず、絶体絶命の状態の人にとっては実に魅惑的なタイトルに見えることでしょう。実際にはありえない内容で、いわゆるヤミ金への誘い文句なのですが、お金に困っている人は精神状態が不安になっていることが多い為、そのような上手い誘い文句に引っかかってしまうものなのです。

 

キャッシングブラックになる人

キャッシングブラックになる人の多くは、定職に就けないために収入が不安定で、生活費が工面できない人が殆どです。だからこそ、怪しいと分かっていてもつい「ブラックキャッシングOK」という簡潔な文句に釣られてしまい、借入の連鎖にハマってしまうことになるのです。悪質な金融業者の執拗な取り立てに合い、恐怖におびえて家族や友人を失うだけでは済みません。最終的には財産を全て失い、精神的に追い込まれて自殺をしてしまうという悲惨なケースも決して人事ではないのです。

 

もしブラック状態で更にキャッシングをしてしまい、トラブルに巻き込まれてしまった場合、一刻も早く専門の弁護士に相談しましょう。弁護士の指示に従い債務整理を行い、違法な取り立ての部分を返済してもらえるか掛けあうのも手段です。しかし殆どの人は、無謀な条件で借入をするくらいなのですから、トラブルに巻き込まれても弁護士費用すらないのではないでしょうか。そんな時には、借金トラブルを支援するNPO法人に相談することが良いでしょう。違法事業への対処法を教えてくれたり、場合によっては仲介をしてくれるということもあります。

 

一番大切なことは、流れで楽なヤミ金に手を染めることがないように気を付ける、ということです。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ