カードローン融資限度額比較ランキング

なかなかカードローンの審査に通らない人には理由があります

審査に通らない理由

 

キャッシングの審査で落とされる理由はいくつか考えられます。まず借り入れを申し込んだ人に返済能力がないとみなされる場合です。現状の借り入れに業者側が不安を感じる顧客であれば審査には通りません。基本的にカードローンは一定以上の収入がある人は、誰でも借り入れできるというものですが、審査で問題があればもちろん通りません。

 

他社での借入金額に関係することも多い

多くの場合は職業や収入は関係なく、今他社から借り入れがあるかどうかです。借り入れがあり、返済が済んでいない、また滞っている場合、過去に返済のトラブルがある場合などは、現在の状況には不備がなくても審査で落とされる場合があります。また通常、審査に落ちた理由を業者に問い合わせても回答はありません

 

消費者金融系のカードローン会社より銀行系のカードローン会社の審査のほうが厳しいと言われています。それでもし銀行系のカードローンで審査に通らなかった場合も、消費者金融系のカードローンに申し込んでみれば通る可能性もあります。
金融機関から借り入れすると、キャッシングだけでなく信用情報として記録されることになります。それで過去に返済トラブルとして記録されることがある方は注意です。例えば返済に遅れたことがある、自分で返済できず第三者に支払ってもらったことがあるなどです。これらは返済トラブルとして記録されていますので、返済能力に問題があるとみなされてしまいます。

 

手当たりしだい申し込むと記録が残るので注意

最初の一社に借り入れを断られたので、そのあとに短期間で複数の業者に借り入れを申し込んでいる場合もデータが共有されています。その場合もカードローン会社は返済トラブルの恐れがある顧客とみなすことがあるようです。申込み回数が多いと審査に通ることが難しいとも言われていますので、やみくもに申し込むのもやめましょう。一定の期間が過ぎて、つまり信用情報にある返済トラブルが消えるまで待ってから、再度申し込むほうがよいでしょう。

 

カードローンの審査に落ちてしまわないために抑えておきたいポイント!

そもそもなぜ審査があるのか分かりますか?審査があるということは利用できる人と利用できない人がいるということです。つまりそれは金融機関自ら利用者を減らしているということですよね?もちろん利用したいと思っている利用者にとって嬉しい話ではありませんが、それではカードローンをビジネスとして行っている金融機関にとっても得なことなど1つもないように思えませんか?

 

カードローンは返済時に支払われる利息によって利益を生み出しています。そしてその利息というのはお金を貸し出さなければ発生しません。つまりより多くの利益を生むためにはより多くの利用者を作り、どんどんお金を貸し出さなければならない訳です。しかし審査があってはそれができません。先ほども言った通り、利用できる人と利用できない人を作ってしまっているからです。一見審査の存在がどちらにもデメリットをもたらしているように思えます。

 

何のために審査などあるのでしょうか?もちろん、審査があるのには理由があります。では、まず皆さんがお金を貸す立場になったとして考えてみましょう。皆さんの仲の良い友人がお金を貸して欲しいと頼んできました。皆さんは貸すことができますか?多分、よほどの金額ではない限り貸すことができますよね?それでは、見ず知らず初対面の人がお金を貸して欲しいと頼んできました。皆さんは貸すことができますか?ほとんどの人は貸さないですよね?

 

それがどんなに小さな金額であろうともです。なぜでしょうか?それは前者にはあって後者にはないものがあるからです。それは信用です。それは仲の良い友人に今まで付き合ってきたという意味での信用でもありますし、どんな仕事についてどのくらいの収入を得ているのかおおよそ把握しているという意味での信用でもあります。簡単に言うと、返しくれると信用することができるのです。しかし初対面の人にはそのような信用はおけません。

 

返ってこないかもしれないリスクを考え貸すことができないのです。もう分かりましたか?カードローンに審査があるのもこれと同じ理由です。いくら利用者が増えたところでその1人1人が返済してくれなければ意味がないのです。返済されなければ金融機関は損害を被ることになるのです。そのようなリスクを避けるためにも、審査によって返済できる人と返済できない人を判断し、返済できると判断した人にのみカードローンを許可するのです。

 

審査では何を見極めているの?

では、審査では何を見極めているのか分かりますか?もちろん適当に返済できる人と返済できない人を判断している訳ではありません。そこには1つの基準となるものがあるのです。それは収入です。この収入によって返済できる、できないの判断が下されています。しかし勘違いしてはいけませんよ?収入と聞いてこのようなことを思った人はいませんか?

 

「収入が少ない人は審査に通過できないの?」きっとカードローンを検討している人のほとんどがそのことで悩んでいるのではないでしょうか?確かに審査があるなどと聞くと収入の金額が気になりますよね?収入の多いと審査に通過でき、少ないと落ちてしまう、そんなふうに考えるのが普通です。しかしカードローンの審査では収入の金額は問題ではないのです。もちろん少な過ぎるというのは問題ですが、大切なのは収入が安定しているかどうかということなのです。

 

金融機関はできるだけ長期の付き合いを望みます。ビジネスなので当然です。そして返済されないリスクを避けるため数ヶ月先も同じ金額の収入を得られているという人を好みます。つまり、どちらも安定して収入を得られている人が当てはまる訳です。このような審査の特徴からパートやアルバイト、派遣職などの非正規雇用者でも審査に通過することができるのです。

 

何を基準に安全性を判断しているの?

返済できる人か返済できない人かを何で判断しているのかは分かりましたね?もう1度言いますが、それは収入が安定しているかどうかということです。では、その安定性は何で判断しているのか分かりますか?毎月の収入が10万円あったらでしょうか?20万円だったらでしょうか?しかしそれでは収入の金額で判断していることになります。安定性を判断するために参考となるものは2つあります。1つは職業、もう1つは勤続年数です。

 

職業

カードローンは利用者を職業で区分することはありません。先ほども言った通り、雇用形態が非正規雇用であろうとも収入が安定していれば審査に通過する可能性は十分にあります。しかし、職業によって信用が異なるというのもまた事実です。

 

最も信用の高い職業と言われているのが公務員です。公務員にはリストラがないため職を失うというリスクがありません。これが収入が安定してということに繋がるのです。公務員の次に信用が高いのは大手企業に勤めている方です。リストラは皆無ではありませんが、倒産などの恐れが少ないため職を失うリスクが少ないことから収入が安定していると判断されます。特に終身雇用制度を採用している企業ならばより厚い信用が得られるでしょう。

 

反対に信用が低い職業というのは、自営業やフリーランス、水商売などが挙げられます。これらの職業に共通しているのは仕事自体に安定性がないことです。これらの仕事で収入を得るにはまず成功しなければなりません。しかし誰もが成功できる訳でもありませんし、成功したとしてもその成功がいつまで続くかも分かりません。成功して莫大な収入を得られたとしてもそれが持続できなければ審査に通過することはできないでしょう。

 

勤続年数

勤続年数が長ければ長いほど収入が安定していると判断される傾向にあります。同じ場所に長期間勤務していればその先もその場所で働き続けるだろうと判断されるからです。つまり収入が安定しているという判断に繋がる訳です。勤続年数は最低でも半年?一年以上は必要と言われています。

 

仮診断を活用してみよう・まとめ

カードローンの審査について少しは理解していただけましたか?何よりも安定を重視することが分かっていただけと思います。もしもここまで読んできてもまだ不安だと言う方は仮診断を活用してみてはどうでしょうか?ほとんどの大手金融機関のホームページで受けることができます。年収な生年月日などを入力するだけの簡単なものですので申し込む前に1度受けてみるのもおすすめです。本審査での結果を保証するものではありませんが、本審査に向けて参考になるのは確かですよ。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ