おまとめローンの審査では信用が重視されます

延滞の履歴の記録が残るので審査には不利に働く

担保やおまとめローンでは利用者の信用に基づいて融資が行われますので、保証人なしで借り入れを利用することができます。借り入れを申し込むと厳しい審査が行われ、これに通過することができればおまとめローンの利用が認められるのです。一方で審査の際に問題があれば審査に通過することはできませんし、おまとめローンを利用することもできません。審査の際に特に厳しくチェックされるのは各種ローンの利用履歴であり、この時に延滞の履歴などが登録されているとおまとめローンを利用することは難しくなります。

 

延滞の履歴は信用情報機関に登録されます

おまとめローンも借金の一種ですから、借りたお金は決められた返済期日までに確実に返済を行うことが必要になります。審査では確実な返済能力を有しているかどうかが確認されるのですが、この時に過去に延滞をした履歴があれば、信用が低く評価され審査では不利になってしまうのです。金融機関各社では信用情報機関というデータベースに、利用者の利用履歴を登録しています。

 

審査の際にはこの信用情報機関に情報の照会を行いますので、延滞などの履歴が登録されていればすぐにわかってしまうのです。延滞については「ついうっかり」で延滞をしてしまう場合と、「確信犯的に」延滞をしてしまう場合の2種類があるようです。この2種類は信用情報機関では異なる種類のものとして取り扱われることになります。

 

返済遅延記録について

仕事などが忙しくて返済期限を忘れてしまい、その後金融機関にそのことを指摘されてすぐに返済をしたという場合には、返済遅延記録が信用情報機関に登録されることになります。一度登録された返済遅延記録は2年間信用情報機関に記録されるのですが、審査の際に返済遅延記録が1回登録されている程度であれば、おまとめローンの審査には問題なく通過できることが多いようです。ただし返済遅延の記録が複数記録されている場合には、審査に影響を及ぼす可能性が高くなります。1回程度の返済遅延記録であれば、ほとんどの金融機関では「ついうっかり」によるものだと判断されるようです。

 

しかし返済遅延記録が複数登録されている場合には「お金にルーズな人である」と判断されますので、信用が低く評価され審査に落ちてしまう可能性が高くなるのです。複数の返済遅延記録が登録されてしまった人の場合には、確実な返済を続けることで返済遅延記録を抹消することができます。およそ2年間確実な返済を続ければ、新規の返済の記録により古い返済遅延記録は外に押し出されてしまうのです。

 

延滞記録について

 

一方で確信犯的に延滞をした人の場合には、信用情報機関に延滞記録が登録されることになります。延滞記録は金融事故であり、ブラックリストと呼ばれることもあります。一度ブラックリストになってしまうとその後は各種のローンやクレジットカードなどの利用を制限されますので、おまとめローンの審査に通過することもできなくなってしまうのです。

 

一般的には延滞を3ヶ月以上続けると、信用情報機関に延滞記録が登録されることになります。一度登録された延滞記録は少なくとも5年間は抹消されません。またこの場合の5年間は延滞が解消されてから5年間ということになりますので、延滞を続けている限りはブラックリストの状態は解消されないということになります。

 

3ヶ月以上の延滞をしていてこれを自力で解消することが難しいという人の場合には、債務整理などの法的手続きを検討してみましょう。債務整理を行った場合にも信用情報機関に履歴が登録されますが、5年〜7年程度が経過すれば履歴が抹消されてローンやクレジットカードの利用が可能になります。債務整理には自己破産などの4種類の方法がありますので、自分の債務の状態に適した方法を選ぶようにしてください。具体的な方法などについては、法律の専門家である弁護士や司法書士などに相談しましょう。また法律事務所が行う無料相談会なども積極的に活用してみてください。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ

延滞の履歴があってもおまとめローンを利用することはできるのでしょうか?延滞の期間や回数などにより金融機関の対応は異なります関連ページ

借り入れの件数と審査
総量規制とおまとめローン
クレジットとおまとめ
おまとめローンの審査
銀行系おまとめローン
返済期間
借入件数の影響
専業主婦のおまとめ
おまとめローンの金利
おまとめの融資限度額