おまとめローンの返済期間は短いほどお得

おまとめローンを利用する場合には早期の完済を心がけるようにしましょう

返済期間

 

おまとめローンをはじめとした各種のローンでは、返済期間があらかじめ決められています。ローン商品の申込書やホームページの商品の利用規約などにおいて、返済期間が必ず明示されているはずです。おまとめローンを実際に利用する場合の返済期間は、借り入れ金額や金利などの条件により決定されます。

 

一般的には返済期間が短ければ低金利が適用されるのですが、返済期間が長くなるとそれだけ高金利が適用されることになります。返済期間と金利には密接な関係がありますので、申し込みの際にはくれぐれも慎重に判断することを心がけてください。また一部のおまとめローンでは、借り入れ金額やこれまでの利用履歴を重視して金利を決定している場合などもあるようです。金利条件についてもローン商品の申込書やホームページの商品の利用規約などに詳しく記載されていますので、申し込みの前にしっかりと確認しておくようにしましょう。難しい専門用語で書かれていて意味がよくわからないという場合には、コールセンターに電話をしてオペレーターに質問をしてみてください。

 

→おまとめローンで完済を目指す

 

随時返済を活用して返済の負担を軽減しましょう

 

おまとめローンの返済については、一定の決まった日時に定期的に返済を行う約定返済と、不定期に返済を行う随時返済の2種類があります。自分が希望するタイミングで返済を行うのが随時返済であり、銀行振込やATM入金などの方法で返済の手続きを行うことになります。

 

返済に余裕があるようであれば、できるだけ積極的に随時返済を行って早期の完済を目指すようにしましょう。おまとめローンの利用中は、借り入れ残高に応じた金利が常に発生していることになります。随時返済を行った場合には返済額が全て元本に充当されますので、借入残高を減らして金利の負担を軽減することができるのです。資金の余裕があれば遊興費などに使うのではなく、随時返済に活用することを検討してみてください。

 

返済期間は慎重に設定するようにしましょう

 

おまとめローンを利用する場合には、返済期間をどのように設定するのかが問題となります。返済期間はできるだけ短い方が利息の負担が少なくて有利になるのですが、あまり短く設定してしまうと月々の返済の負担が大きくなり、日常生活などに影響を及ぼすことになってしまいます。

 

一方で返済期間を長めに設定した場合には月々の返済額が少なくなりますので、日常生活に影響を及ぼすことなく無理のない返済を行うことができます。ただし利息の負担が増加して返済総額が増加してしまうことになりますので、おまとめローンを利用するメリットが少なくなってしまうかもしれません。

 

おまとめローンは大きな金額を借り入れるローンになりますので、返済期間はくれぐれも慎重に設定することが必要になります。返済期間を検討する際には、金融機関がホームページ上で提供している返済シミュレーションを活用してみてください。返済シミュレーションに基本的な情報を入力するだけで、月々の返済金額や返済期間などを具体的に確認することができるのです。また金融機関各社の返済シミュレーションを利用してみることで、どの金融機関を選ぶのが自分にとって最も有利なのかを判断することができますので、金融機関を選択する際の目安としても多いに役立つはずです。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ