おまとめローン審査で気をつけるポイント

おまとめローンの審査に通過するために知っておきたいこと

おまとめローンの審査

 

おまとめローンでも他のローンと同様に審査が行われることになります。審査では返済を行うための十分な能力があるのかどうかが確認され、これに通過することができればおまとめローンの利用が認められるのです。おまとめローンを提供する金融機関各社では審査の詳細な基準などは未公開としているのですが、これまでに実際に審査に申し込んだ人の結果などをまとめてみると、次の3つのポイントがおまとめローンの審査では特に重視されるようです。

 

利用履歴について

おまとめローンは複数の借り入れを一つにまとめるためのローンですから、おまとめローンに申し込む人はその時点で他社借り入れを利用していることになります。おまとめローンの審査では他社借り入れの利用履歴が特に重視されます。信用情報機関には他社借り入れの利用履歴が全て登録されていますので、おまとめローンの審査ではこれを確認して延滞などの履歴がないかどうかチェックが行われるのです。

 

1回程度の延滞であれば審査に通過できる場合などもあるようですが、延滞の履歴が複数記録されていると信用が低く判定されますので、おまとめローンの審査に通過することが難しくなってしまうのです。借り入れを利用する場合には延滞などをせず、決められた期日までに確実に返済を行うことを普段から心がけてください。

 

借り入れ件数について

おまとめローンの審査では、現在の借り入れ状況についてもチェックが行われます。借り入れ件数が多い場合には借り入れ金額も多くなりますので、貸し倒れの可能性が高いと判断され審査に通過することが難しくなるのです。借り入れ件数については多ければ多いほど、審査に通過することは難しくなります。カードローンでは1社あたりから借り入れができる限度額が決められていますので、複数の借り入れを利用している人ほど返済に余裕がなく困っていると判断されるのです。

 

審査に通過することができる借り入れ件数については審査を行う金融機関ごとに異なりますが、通常は借り入れ件数が3件以上になると審査は厳しくなり、また借り入れ件数が5件以上になると審査に通過することが難しくなるようです。まずはできる限りの返済をして借り入れ件数を少しでも減らしてから、おまとめローンに申し込むことをおすすめしたいと思います。

 

職業の状況について

最後におまとめローンの審査では、職業の状況についても確認されることになります。職業の状況というと年収の金額が気になるかもしれませんが、実際には年収の多少よりも職業の安定が重視されることになります。特に勤続年数は重要な条件であり、勤続年数が長ければ長いほどおまとめローンの審査では有利になるのです。

 

勤続年数については最低でも1年以上が必要になります。転職したばかりで勤続年数が短い場合には、すぐに仕事を辞めてしまう可能性が高いと判断され審査では不利になってしまうのです。さらに勤続年数が5年以上であれば審査では有利になります。定年まで勤務する可能性が高く退職金収入が期待できると判断されるのです。

 

また公務員や会社員の場合には安定した職業であると判断され審査では有利になりますし、一方で自営業などの場合には不安定な職業であると判断され審査では不利になります。公務員や会社員は月に一度給料が支給されますので、確実な返済が期待できると判断され評価が高くなるのです。一方で自営業の場合には給料などによる収入の保証がありませんので、たとえ高額の収入があってもその後の返済の確実性が低いと判断され評価は低くなります。

 

→おすすめのおまとめローンは?

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ