おまとめローンの審査に落ちてしまう人に多い4つの理由

総量規制外のおまとめローンの審査に通過する

複数の金融機関からの借り入れを利用している場合には金利などの負担が大きくなりますし、さらに返済日が複数になるためお金のやりくりなども大変です。複数の借り入れを利用している人には、おまとめローンを利用して複数の借り入れを一つにまとめることをおすすめします。ただしおまとめローンを利用するためには、審査に申し込んでこれに通過することが必要になります。今回はおまとめローンの審査に落ちてしまう人に共通の理由をご紹介しますので、審査に通過するための参考にしてみてください。

 

借り入れ件数が多すぎる場合

 

借り入れ件数が多すぎる人の場合には、おまとめローンの審査には通らなくなります。借り入れ件数が多ければ、それだけ借入額も大きくなりますので、金融機関では貸し倒れを警戒して厳しい審査を行うのです。借入件数については4件までであれば審査に通過できる可能性があるのですが、5件以上になると審査に通過することが難しくなります。

 

借り入れ件数が多い人の場合には、まずは自力でできる限りの返済をして、借り入れ件数を減らしてからおまとめローンに申し込むようにしましょう。また借り入れの総額が同じであれば、借り入れ件数が少ない方が審査では有利になります。これは借り入れ件数が少ない場合には、1社あたりの借り入れ額が大きくなるからです。1社から大きな金額を借り入れることができる人は社会的信用が高いということになりますので、おまとめローンの審査の際にも有利になるのです。

 

勤続年数が不足している場合

 

勤続年数が不足している場合には、おまとめローンの審査には通らなくなります。これはおまとめローンに限らず全てのローンに共通なのですが、ローンの審査では継続的に安定した収入を得ていることが必要とされるのです。収入の多少はそれほど問題にはなりませんが、勤続年数が短い人の場合には安定した収入の条件を満たすことが難しいと判断されて、審査に通らなくなる可能性が高くなります。

 

おまとめローンの審査に通過するためには、少なくとも半年程度の勤続年数が必要です。さらに確実に審査に通過したいのであれば、勤続年数が1年以上になるのを待ってからおまとめローンに申し込むようにしましょう。また近い将来に転職を考えているという人の場合には、転職の直後にはおまとめローンの審査に通過することが難しくなりますので、転職の前におまとめローンに申し込んでおくことをおすすめします。

 

短期間に複数の借り入れを申し込んでいる場合

 

複数の借り入れを短期間に申し込んでいる場合にも、やはりおまとめローンの審査には通らなくなります。ローンに申し込むと信用情報機関に申込の履歴が登録されますので、短期間に複数の借り入れを申し込んでいることは審査の際にすぐにわかってしまうのです。特に1ヶ月の間に3件以上の申し込みの履歴があると「お金に困っているのではないか」「借金を借金で返済しているのではないか」と判断されて、複数の申し込み自体が原因で審査に通らない「申し込みブラック」と呼ばれる状態になります。おまとめローンの審査に申し込んで落ちてしまったという場合には、少なくとも1ヵ月以上待ってから次の申し込みを行うことを心がけてください。

 

金融事故の履歴がある場合

 

これまでにローンの返済を延滞した場合や、またローンの返済ができなくなり債務整理を行った場合などには、これらの履歴が金融事故として信用情報機関に登録されることになります。金融事故の履歴が信用情報機関に登録されると、審査に申し込んでも通らない「ブラックリスト」状態になってしまうのです。

 

一度登録された金融事故の履歴は信用情報機関に7年程度記録されますので、これが抹消されるまでの間は各種のローンやクレジットなどを利用することはできなくなります。金融事故の履歴がある人がおまとめローンを利用するためには、金融事故の履歴が抹消されるのを待つしかありません。金融事故の履歴がある人に融資を行うのはヤミ金融などの悪徳業者に限られますので、これらの業者を利用しないようにくれぐれも注意をしてください。

 

総量規制はおまとめローンには適用されません

 

総量規制は貸金業者を規制する貸金業法による規則であり、カードローンなどで借り入れができる限度額を最大で年収の3分の1までに制限しています。おまとめローンにも総量規制が適用されるのかどうかが気になるという人がいるかもしれませんが、おまとめローンは総量規制の適用対象外となりますので、年収の3分の1を超える借り入れを申し込むことが可能です。貸金業者に該当する消費者金融や信販会社では総量規制が適用される一般のカードローンとは別に、総量規制が適用されないおまとめローンをラインナップしていることが多いようです。おまとめローンには総量規制は適用されませんので、金利や利用条件などをしっかりとチェックして、できるだけ有利な条件で利用できるものを選ぶようにしましょう。

高融資額おすすめカードロ-ン


プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


詳細へ

アコムのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

詳細へ

モビットのおすすめポイント


実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円 なし

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。


詳細へ