借り入れ限度額はどの程度まで認められるのでしょうか?少額でスタートしますがその後増額が認められる場合もあります

高融資額おすすめカードロ-ン

 

オリックス銀行カードローンオリックス銀行カードローン

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
1.7%〜17.8% 最高800万円 なし

※契約後、最短即日融資可能

 

詳細へ

プロミス プロミスおすすめポイント

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

 

詳細へ

アコムのおすすめポイント

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

 

詳細へ

融資限度額比較について

カードローンの利用が初めての人の場合には、金融機関が定める最大限度額の融資を受けることは難しいといえます。ほとんどの場合には収入証明書の提出なしで申し込むことができる、50万円以下の借り入れ限度額でカードローンの利用を開始することになるはずです。実際にカードローンの利用を開始して確実な返済の履歴を積み重ねることができれば、その後は利用限度額の増額が認められる場合もあります。ただし消費者金融系のカードローンには総量規制が適用されることになります。総量規制は2010年に施行された貸金業法による規制であり、借り入れができる最大限度額を最大で年収の3分の1までに制限しています。例えば借り入れ限度額が500万円までとされているカードローンであっても、申込者の年収が300万円であれば実際の借り入れは100万円までしか認められないのです。総量規制は金融機関1社ごとではなく、全ての借り入れの合計額に対して適用されることになります。ですから既に他社から年収の3分の1に達する金額の借り入れを利用しているという人の場合には、さらに新規の借り入れを申し込んでもこれは認められないということになります。
総量規制の制限を越える大きな金額の借り入れを希望するという人の場合には、総量規制の対象外である銀行に融資を申し込むことを検討してみましょう。ただし銀行の融資の場合にはカードローンよりも厳しい審査が行われることになりますし、また不動産などの物的担保や保証人などの人的担保が必要になる場合もありますので、申し込みについては慎重に判断するようにしてください。

 

その他には銀行カードローンに申し込むという選択肢もあります。銀行カードローンも総量規制の対象外になりますので年収の3分の1を超える借り入れが可能になりますし、また銀行融資とは異なり物的担保や人的担保なしで申し込むことができます。銀行カードローンには借り入れ限度額が高めに設定されているものも多く、例えばオリックス銀行カードローンであれば最大で800万円までの借り入れが認められることになります。ただし借り入れ限度額が高めに設定されているからといって、安易に大きな金額を借り入れることはおすすめできません。自分の返済能力をしっかりと認識して、カードローンはくれぐれも計画的に利用することを心がけてください。

 

借り入れ限度額の増額が認められば大きな金額の借り入れが可能に

カードローンに初めて申し込む人の場合には、少ない利用限度額から利用を開始することが一般的になります。人によっては借り入れ限度額が足りないと感じたり、もっと大きな金額の借り入れをしたいと考えることなどがあるかもしれません。
そのような場合には金融機関に対して自分自身の信用度を上げることができれば、現在よりも大きな金額の借り入れが認められるようになるかもしれません。借り入れに初めて申し込む人の場合には信用は属性情報(勤務先・勤続年数・年収の額など)に基づいて判断されるのですが、その後は借り入れや返済などの利用状況により信用が判断されることになります。
借り入れを利用してその後確実な返済の履歴を積み重ねることにより、金融機関からは一定の信用を獲得することができるのです。まずはとにかく真面目に返済を行って、可能であれば早期の返済(繰り上げ返済)なども行うようにしましょう。少額の借り入れをしてすぐに完済をすることなどによって、自分が真面目な利用者であることを金融機関にアピールすることができるはずです。

 

限度額の増額の申請の時期は?

初めての借り入れから1年以上が経過したら、借り入れ限度額の増額を金融機関に申し込んでみましょう。最初の申し込みの時点よりも信用が高く判断されますので、利用額の増額が認められる可能性が高くなるはずです。ただし消費者金融系のカードローンには総量規制が適用されますので、どれだけ信用を積み重ねても年収の3分の1を超える借り入れは認められません。
さらに大きな金額の借り入れを希望するという場合には、年収そのものを増やすことが必要になります。信用を高めることよりも困難かもしれませんが、年収を増やすための努力は仕事の結果にもつながることになりますし、実際に年収を増やすことができればこれまでの信用実績とあわせて大きな金額の借り入れが認められることになります。

 

信用を築くためには確実な返済を積み重ねることが必要です。その一方で一度でも返済を滞らせてしまうと、これまで積み重ねてきた信用は一瞬で崩れてしまうことになります。借り入れ限度額の増額を希望するのであれば、まずは真面目にコツコツと返済を続けることを心がけるようにしてください。