無利息サービスを活用すれば利息の負担なしで借り入れができます!ただし低金利のカードローンを選択するのが有利な場合などもあります

無利息カードローンランキング

プロミス プロミスおすすめポイント

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

 

詳細へ

アコムのおすすめポイント

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間

 

詳細へ

レイク

 

実質年率 限度額 無利息 即日融資
1.7%〜17.8% 最高800万円 なし

※契約後、最短即日融資可能

 

詳細へ

無利息 期間ありのカードローン比較について

従来は無利息借り入れのサービスは大手消費者金融プロミスだけが提供していたのですが、現在は30日間金利ゼロサービスの提供をアコムが開始したことなどにより、幅広い人たちの間に無利息借り入れのサービスが浸透しているようです。契約や借り入れから30日間は利息の負担なしで借り入れができますので、初回の返済についてはほとんどの場合には利息がゼロ円になります。無利息借り入れサービスは便利でお得なサービスだといえるのですが、30日を経過してしまうと以降は通常の借り入れと同じ条件が適用されますので注意が必要です。確かに30日間無利息サービスはお得なのですが、それはあくまでも30日以内に返済をした場合のことになります。それでは30日間無利息サービスを利用して30日以上の借り入れをした場合については、利息の負担などはどうなるのでしょうか。通常の借り入れと比較するとどの程度お得になるのでしょうか。

 

低金利で利用することができる金融機関と、30日間無利息サービスを利用することができる金融機関を比較して、実際にはどちらが特になるのだろうかと悩んでいる人なども多いようです。実際の利用条件については借り入れ金額や返済期間などによって大きく異なるのですが、今回は金利条件と30日間無利息サービスの関係についてご紹介しますので、借り入れを申し込む金融機関を選択する際の参考として活用してみてください。

 

30日間無利息サービスを利用する場合の金利を計算してみましょう

詳細な利用条件は借り入れの状況により大きく異なります。実際の利用状況に基づいて厳密な計算をするとかなり複雑になってしまいますので、今回はわかりやすくするために単純な例で解説したいと思います。上限金利を18%としている金融機関が多いですから、今回は金利18%の条件で30万円を借り入れる場合について考えてみましょう。

 

金利18%の条件で30万円を借りて1年後に返済をする場合には、利息は単純計算で54000円ということになります。実際には月々の返済を行って元本が減少すればそれだけ利息も減ることになるのですが、今回は話をわかりやすくするために1年後に一括で返済した利息に基づいて計算します。一方で金利18%の条件で30万円を借りて30日後に返済した場合には、利息は4438円です。ですから30日間無利息サービスを利用して金利18%の条件で30万円を借りて1年後に返済をするのであれば、1年分の利息である54000円から無利息期間サービスで無料になる利息分の4438円を差し引いて、49562円の利息を支払うということになります。

 

この利息の金額から金利を逆算すると、金利18%の条件で30日間無利息サービスを利用した場合には、1年後の返済を前提とした場合には金利は16.52%に相当します。これはあくまでも単純に計算した場合の例ですから実際には若干異なるのですが、30日間無利息サービスを利用すれば実質的な金利条件16.52%で借り入れを行うことができるのです。

 

18%の金利が16.52%になれば、金利が1.48%も低くなったということになります。ほとんどの金融機関では金利をギリギリに設定していますので、実際には1%引き下げるだけでも大変なことなのです。30日間無利息サービスを利用することで金利16.52%で借り入れができるのであれば、借り入れの申し込み先として選択する価値が十分にあるといえるでしょう。

 

実際の金利は返済期間などによって大きく異なります

ただし上記の計算は1年間の利用を前提としたものであり、返済期間が異なれば金利についても異なることになります。特に返済期間が長くなる場合には割安感が薄くなり、同様に計算すると2年後の返済では17.3%、3年後の返済では17.6%の金利に相当することになるのです。
また実際のカードローンの利用では借り入れと返済を繰り返すことが多くなりますので、そのような場合にも30日間無利息サービスを利用するメリットは薄くなってしまいます。上記はあくまでも1度だけ借り入れを行って、追加の借り入れなどは利用せずに全て完済した場合の例になります。30日間無利息サービスは初回限定のサービスですから、借り入れや返済を何度も繰り返した場合には2回目以降の借り入れに対してはサービスは適用されないのです。
ただし現在のカードローンではほとんどの金融機関が同じような利用条件を設定していますので、その中で30日間無利息サービスが利用できる金融機関を選択するようにすれば、他の金融機関よりもずっとお得に活用できる可能性が高くなります。利用できるのは初回のみに限定されてしまいますが、30日間無利息サービスを上手に活用すれば返済の負担を減らしてお得に借り入れを利用することができるはずです。

 

返済期間や利用金額などに基づいて選択するようにしましょう

借り入れを1年〜2年程度で返済することができるという人の場合には、30日間無利息サービスを選択することがお得になるでしょう。一方で大きな金額の借り入れを希望するという人の場合や、借り入れの返済のために3年〜5年程度がかかりそうだという人の場合には、低金利で利用することができるカードローンを選択するのがお得になるかもしれません。

 

大きな金額を利用する場合には、30日間無利息サービスによる利息の減少額も大きくなります。例えば金利15%で200万円を借り入れるのであれば、30日分の利息である24657円の支払が不要になるのです。大きな金額を借り入れる場合にも30日間無利息サービスがお得であるように思えるのですが、実際には200万円以上の大きな金額を借り入れるのであればさらに低金利で利用できるカードローンが存在するのです。

 

例えばイオン銀行が提供するカードローンBIGでは、利用限度額に応じた金利条件が設定されています。借り入れ限度額が200万円であれば金利8.8%の条件で利用することができますので、30日間無利息サービスを利用するよりもはるかにお得だといえるでしょう。借入額が大きいのであれば低金利で利用することができるカードローンを選択した方が、30日間無利息サービスを利用するよりもお得になるのです。

 

返済シミュレーションなどで実際の返済額を確認するようにしましょう

今回は30日間無利息サービスを利用した場合の金利条件などについてご紹介したのですが、あくまでも分かりやすく説明するための例になりますので、実際の利用条件などについては申し込み金額や返済期間などによって大きく異なることになります。各金融機関では公式ホームページ上で返済シュミュレーションを提供していますので、実際の借り入れを申し込む際にはこれらを活用して、実際の返済額などについて確認をすることを心がけるようにしてください。